ペットに寄生するノミやダニ問題に効果的と言われるフロントライン

管理取り扱いには厳重注意

遠くを睨む猫

フロントラインなど殺虫成分のあるペット向け医薬品は、使用方法を謝ると犬や猫に深刻な健康被害を及ぼしてしまいます。もちろん動物だけでなく人間にも害がありますので、絶対にペット用医薬品を人間が摂取してしまわないよう注意して下さい。特に幼児や認知力の低下している高齢者が家族にいる場合、フロントラインなどのペット向け医薬品や駆除剤を不用意に置かないようにして下さい。家族の誰もが手を出せるテーブルなどに置き忘れてしまうと、誤って子供が触ってしまったり飲み込んでしまう危険性が生じてしまいます。フロントラインはノミやダニの駆除に効果抜群のペット医薬品ですが、適量を動物に垂らすだけで高い駆除効果があるだけに人体へも有害だと言えます。必ず幼児や高齢者の手が届かない場所に保管するようにして下さい。もしも誤って体に付着したり体内摂取してしまった場合は、早急に医療機関の診察を受けるようにしましょう。また、同じ理由でフロントラインを愛犬に使用する際は、肩甲骨の間など必ず決められた部位へ垂らすようにして下さい。犬の顔が届く部位にフロントラインを付着させると、犬が舐めて体内に直接浸透してしまうリスクが生じてしまいます。ノミやダニを駆除する薬とはいえ殺虫成分がありますので、間違いを起こさないよう正しく使用するようにして下さい。理想的には日頃のノミ・ダニ対策を安全なやり方で地道に実行するのが望ましいです。それでもペット用医薬品に頼る時は、必ず安全面に留意しての取り扱いをするよう厳重注意しておいて下さい。